現場ブログ

岡山市で解体工事を実施する前に知っておこう!残置物のゴミ処理について【社長が100%対応の解体会社|岡山の解体工事はアライブ】

残置物とは、解体工事をする建物に残された廃棄物のことです。岡山市で解体工事をする場合、基本的に解体中に発生した廃棄物は業者が処分してくれます。しかし解体工事で出た廃棄物の他に、建物内に所有者のゴミが残されている場合があります。このゴミのことを残置物と言うのです。例えば、家具や衣類といった解体工事とは関係ないものは全て残置物となります。

■解体工事が処分するゴミは産業廃棄物
解体業者にゴミ処理を依頼する場合は、ゴミの種類について理解することが大切です。普段は何気なく出しているゴミは、実は全て無料で処分できる訳ではありません。残置物を含む一般市民が処分するゴミは一般廃棄物と言われます。毎週決められた曜日に無料回収してもらえる家庭ゴミに加えて、有料での処分となる粗大ゴミなどが挙げられます。一方、解体業者が処分するゴミは産業廃棄物として処分されます。一般廃棄物なら無料で処分してもらえるものも、産業廃棄物として処分する場合は費用が発生するので気をつけましょう。なお、岡山市で産業廃棄物を処分する場合は、自治体や専門業者に対応を依頼します。自治体に産業廃棄物のゴミ処理を依頼する際は、事前に申請・契約の手続きが必要になるので注意が必要です。専門業者を利用する場合は、自治体から許可を得ているところを選びましょう。

■解体工事前の残置物は自分で処分しよう
解体工事に残置物が残っている場合、解体工事業者に処分を依頼することになるでしょう。その場合、残置物の処分費用を追加で請求される可能性が高いです。基本的に産業廃棄物は廃棄物処理法により、決められた場所でゴミ処理が行われています。一般廃棄物と処理方法が異なるため、処分費用が高く設定されているケースが多いです。また、残置物の撤去に人件費も発生します。様々な理由により余分に費用が発生するため、解体業者に産業廃棄物の処分を依頼すると解体費用が高くなってしまいます。解体費用をなるべく抑えたいなら、自分で対応できるものは一般廃棄物として処分する方が無難です。一般的なゴミなら自治体が無料で引き取ってくれますし、粗大ゴミも数百円〜数千円程度で処分することが可能です。

■自分で処分した方が良い残置物
自分で処分した方が良い残置物は大きく分けて4種類あります。燃えるゴミや燃えないゴミなどの日用品と粗大ゴミ、パソコン関連品、家電です。中でも解体工事の現場に残りやすいと言われているのが粗大ゴミと家電です。サイズが大きくゴミ処理しにくいものが多いため、解体工事前に処分できないケースが多い傾向にあります。粗大ゴミや家電は自治体や専門業者にゴミ処理を依頼すれば、必ず引き取ってくれるはずです。ただし、自治体にゴミ処理を依頼すると時間がかかる可能性があるので、解体工事前に余裕を持って対応することをおすすめします。解体工事まで時間がない場合は、リサイクル業者や不用品回収業者を利用するのが良いでしょう。民間業者なら比較的早くゴミを引き取ってくれるので安心です。

■岡山市の解体業者が引き取ってくれる残置物
基本的に残置物は自分で処分した方が良いですが、中には無料または格安で引き取ってくれる可能性が高いものもあります。木材やプラスチック、金属などのゴミは解体工事で発生するゴミと一緒に処分できるので、それ程費用はかかりません。特に金属類は買取業者に売れるため、業者側の利益になる可能性があります。また解体業者によっては木材などのゴミを再利用しているので、無料で回収してくれるかもしれません。ただし、どの業者も無料で引き取ってくれるという訳ではないので注意が必要です。事前に解体業者に問い合わせをして、無料または格安で回収してくれるゴミがないか確認しましょう。

WEBサイトから無料
お見積もりいただけます!!

このページの先頭へ戻る